スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月2日高尾山リンカレポ by 夏目

当日、朝5時に起きて、昼食用におにぎり3個を握りリュックにつめて、5時45分出発。
朝早いし時間もあるから一般道でノンビリと高尾山口に向かう。
当然のように渋滞もなく、7時15分には高尾山口駐車場に着いてしまった。
車内で身支度を整えていたら、お腹がすいてきた。
「ぼ、ぼ、ぼくはお腹が減ったんだな。お、お、おにぎりを食べるんだな。」
と昼食用のおにぎりに手を出す。旨い。
契約農家から直接購入している「あきたこまち」の新米。不味い訳がない。
結局3個を平らげ、いきなり満腹気味になってしまった。
左手親指の付根を負傷していて、嫁が「ナックルガードをリュックに入れておいたから、
向こうで着けてね。」という優しいお言葉を思い出し、リュックの中を探してみると、
子供の変身用ナックガードが出てきた。また騙された・・・orz

7時45分、出発しようと車から降りる。寒い・・・どれ位寒いかというと、ゴジラの火焔が出来る位だ。
ウインドブレーカーなどは持参していなかったので、持ってきた着替えなどを
全て着込んで出発する。
始発のケーブルカーは結構混んでいたがハイカーは3割くらいで、あとはお土産屋の売り子や
社務所関係の人達だ。
程なくして山頂駅に到着。とりあえずコーヒーを飲んで一息ついてから、旗竿に雪山獅子旗を
装着し、のろのろと歩き始める。
時間が早いせいかハイカーの姿もまばらで、歩いていて気持ちが良い。

大きい鳥居(浄心門)をくぐると道が二手に分けれる。左を見ると長い階段が見える。迷わず右へ。
年配の男性から「これはチベットの旗ですか?」と声を掛けて頂き、「はい。そうです。」
「何かチベット関係の人ですか?」
「いえ、普通の会社員です。」
「私も何かしたいと思っているんですが・・・」
「もしよろしければこれ(パンダ本・オンライン署名・リュックに着けていた缶バッチ)を・・・」
「ありがとうございます。頑張ってください。」「ありがとうございます。」
という様な話しをしつつ、仏舎利塔へ到着。
やや混み始めた参道とは打って変わって、静けさに包まれた空間だ。
仏舎利塔を左から回り、裏手にある硫黄島の英霊の慰霊塔に水と祈りを手向ける。

仏舎利塔を離れ参道に出ると、またハイカーが増えて来ているのが良く分かった。
薬王院に向かう途中、千本杉寄付者の札がずら~っとならんでいる。
「千本杉寄贈・日本・Free Tibet」という札を掛けられないか、ちょっと考えてしまった。
あとで社務所に行って金額を聞いてみよう。と思っていたら、薬王院に付いた頃には
すっかり忘れてしまっていた・・・orz
薬王院で中国人留学生に声を掛けられる。彼曰く「全ての中国人が中国政府の行いを支持して
いる訳ではない。」「では何故声をあげないの?」「恐ろしくて出来ない・・・自分も家族も」
う~む・・・取り合えずパンダ本とオンライン署名のビラを渡して別れた。
せっかく薬王院に来たのだから、奥の院まで行ってみようと思い、階段をのたのたと登っていく。
想像以上に奥の院は近く、あっという間に着いてしまった。

奥の院から高尾山山頂までのハイキングコースは多少起伏のあるコースだが、歩いていて
気持ちが良いコースだ。身体も温まってきたので、シャツを一枚脱ぐ。
ついでにお茶を飲もうと思い、「お~い お茶」を手に持ち何気なく見たら俳句が載っていた。
もちろん、俳句が載っていたのは以前から知ってたのだが、「揚々と 雪山獅子旗 山に映え」などと
載せられないかと考えてしまった。
程なくして山頂に到着。9時20分。

山頂の展望台にて旗振り。「雷電氏、見えるか~!」 当然、無毛山から見えるはずも無い。
しばらく山頂をウロウロしたのちに下山。

2chには書かなかったが、高尾山山頂に到着した頃には、山頂ではハイカーがすでに300人以上居たと思う。
雪山獅子旗を揚々と掲げ、山頂~展望台をウロウロして居れば、当然、目立つ。
こう見えても「超」が付く位の恥ずかしがりな自分は、すでにテンションMAX状態だ。
展望台で盛大に雪山獅子旗を振りまくり、更に覚えきっていないチベット国歌を大声で歌いまくる。

シーシ・ペンで~・ドーグぅ~・ジュンえ~・テール
とっぷたん・サムペル・ノルべ~・ウーな~・バール
テーンデ・のずるん・ぎゃ~ぎゃ~・げふんげふん・ご~ん・・・

辺り一面異様な空気が漂い始める・・・が、勢いは止まらない。
頭が真っ白になりながら、展望台から頂上までを、歌いながらウロウロ・・・
そんな事を何分位続けただろうか、「ハッ!」と我に帰った時には、更に注目の的になっていた。
高尾山山頂は私のオンステージになっていた。
何故だか分からないが、まばらな拍手が起こっていた。
背中に嫌な汗を掻いているのが分かる。
更に血の気が引いていくのも分かる。
取り合えずその場で一礼をして、逃げる様に下山。
これじゃあ写真なんか撮ってくれる訳無いよなぁ・・・

主催を始め、参加されたみなさん、もしかしたら私のせいで
評判を下げてしまったかも・・・すみませんでした。

来た道をそのまま引き返したら、ハイキングコースが渋滞しつつあった。
ハイカーの邪魔になると思い、旗をたたむ。
奥の院に着いた時には、階段ですでに渋滞中だ。

奥の院から薬王院に下りる階段で、子供が転倒して膝を擦り剥いていた。
持っていた消毒液とオプサイト(絆創膏みたいなもの)を張ってあげた。
薬王院から山頂駅までは初詣状態。もうね・・・

ケーブルカーの山麓駅に降りた時には、朝からは信じられない光景が。
主催の話しでは「高尾山口駅改札付近集合」との事。絶対に無理だろ!
人波を掻き分け、高尾山口駅近くに来たら確信した。絶対に無理!!
駅右手側の遊歩道に目印になる様にと思い、再び旗揚げ。
旗揚げしてすぐに中国人がわらわらと集まってくる。何か仕掛けてくるのかと思い、
wktkしていたが、ただの待ち合わせだったらしく、そそくさと居なくなってしまった。

旗揚げ15分後、主催到着。
「頂上で旗揚げしたした時に、誰も写真とってくれなかったんですよ。」とぼやくと
「夏目さんがオサーンだからでしょうw」・・・orz
そんな話をしている間に、参加者がポツポツ集まってくる。
人並みが切れたのを見計らって、高尾山口駅前に移動して、悠々と旗揚げ開始。
タンカー氏登場。ウホ、いい男!
危うく「やらないか?」と声を掛けそうになるが、ぐっと堪えつつ、お持ちになられた
タンカを拝見させて頂く。想像以上に綺麗で、日本で言う般若菩薩画像に近い感じの菩薩画像だ。
「ダラムサラで安く買いましたよ。」と教えて頂きましたが、旅費を考えると、どう考えても高くつきそうです。
インドへ行かれる方は、是非、お買い求め下さい。

11時15分、待ち合わせの方数人が残り、本隊出発。
この頃になると、高尾山口駅から出てくる人が減ってくる。悠々と旗振りまくり。
11時35分、2次隊出発。
雷電氏から「お腹すいた?」というメールが来る。しかも旨そうな牛筋カレーの写メ付きだ。
昼食用のおにぎり3個を朝食にしてしまった報いがこれか・・・
悔しさのあまり地団駄を踏んでいると、20代半ばと思われる男性に声を掛けられる。ウホ、いい男! 
「電車の中からチベット国旗が見えたのですが、何かイベントでもあるんですか?」
「チベットリンカというチベット支援のハイキングを開催しています。お見掛けになりましたら
声を掛けてみて下さい。」
ここでもパンダ本とオンライン署名のビラを差し上げる。
12時15分、最後の参加者登場。
ケーブルカーが1時間街くらいである事や、本隊のおおよその居場所を伝えて、お見送り。
12時20分、高尾山口駅から駅員登場。
余りにも駅前で堂々とし過ぎたか・・・と思っていたら、「頑張ってください。」と言って引き返してしまった。
ありがとうございます。
そして、旗揚げ終了。

参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした。
帰路の途中、すき家でカレーを食べました。牛筋カレーはありませんでしたが、美味しかったです。
高尾山リンカ、個人的には最高でした。またいつか開催して頂きたいですね。
個人的にも、高尾山に遊びに行こうと思っています。
スポンサーサイト

11月2日高尾山リンカレポ by サク(東京リンカ)氏

3連休の高尾山オソルベシでした。
ヒロスエ紅葉高尾山CMの影響かミシュラン三ツ星効果なのか
あの大混雑は本当に予想外でした。
JR高尾駅で京王線に乗り換える時の券売機行列もすごかったです。

旗揚げ

当日仕事があるというのに早朝登山と旗揚げしていただいて
本当にありがとうございました。
おかげで参加者の目印と観光客へのアピール絶大です。
コノ画像は丁度人並みが通り過ぎた合い間に撮ったので
人が少ないですけど、他の方の撮影した画像には
改札に人がいっぱいですね。

ケーブルカー麓駅前は長蛇の列。
ここで徒歩組みとお別れして1人並んで待ちました。
しばらくして、後方の時間差組に声をかけてもらいました。
50分待ちの表示でしたが結局1時間かかりました。

ケーブルカー乗り場

乗り込むと丁度ケーブルカーの先頭になったので
発射直後に数秒だけフロントガラスの下方に国旗を広げてアピールしてみました。

十一丁目茶屋で昼飯をとか考えたわけですが物凄い人で断念。
そそくさと通り抜けて慰霊碑のところへ向かいました。
登山道の人ごみとはうってかわった慰霊碑への道。
奥のほうにひっそりと碑が並んでいました。
紙コップにお水を注いで置いてお参りしました。

慰霊塔

薬王院到着。
前方を見ると私より後からケーブル乗車した組を発見!
石段を登る蟻の行列を見上げていらっしゃる。
お声をかけて合流。
迂回路の山道をご案内しながら出発しました。

薬王院

山頂は休憩場所を探すのも苦労する感じでしたが タイミングよく木の側の場所が空いたので
ささっとシートをひろげてリンカコーナーを設営できました。
すぐ隣で中国人の方のグループがトランプゲームをされてましたが、 ま、いいかと思ってそのまま定住。

リンカコーナー

木の枝に国旗をかけて、両国国技館の講演チラシをさげ、前回の善福寺緑地公園リンカで参加者の方から
いただいたタルチョをかけ、大荷物で大変な中お持ちいただいた、ブルーグリーンの色調が美しい
ありがたいタンカ(仏画)を展示できてうれしかったです。

タンカ

リンカ中は何人かにリーフレットをお渡しできたようです。
私が参加者の方と話している間に、他の参加者の方がくばってくれました。ありがとうございました。

今回は2ch、ミクシーの他にTSNJのリンカ掲載情報を見て参加してくださった方々もいらっしゃいました。

山頂は夕方4時頃から撤収しました。
シートを片付けてから、富士山の見える展望コーナーに移動して、なにぶん、正式な方法が
わからないのでちょっとぎこちないですが、チベットの自由と法王様のご長寿を祈りながら
ツァンパを撒きました。

山頂を降りて十一丁目茶屋の隣の見晴らし台でキャンドルを灯しました。

candlecandle02candle03

日暮れから日没までの景色の移り変わりがきれいでした。
この画像には写ってないですが、ここでもタンカを展示していただきました。

キャンドル見物に来た方々に、どさくさにまぎれてリーフレット配布できました。
本を持参でお経をあげていただいてた参加者の方、ありがとうございました。
お経のわからない人は「オンマニペメフム」を心の中で唱えて手を合わせました。

帰りのケーブルは70分待ち。
終電の6時を過ぎてもぜんぜん人が減りません。
定員135人乗車を7分間隔でピストン運行して、整理券を配り始めてから22組目に乗り込みました。
一体何千人が高尾山を訪れた事でしょうか…

11月2日高尾山リンカレポ by NowBHereいのちorお金氏

携帯でミクシをやっていないので事後報告。ザックにチベット旗をはためかせ9:30入山
稲荷山コース経由11:30山頂、少し降りたところでリンカして、薬王院のご本尊にお参りして下山しました。
薬王院の山門を通ってすぐに、これから登られる方とお逢いできて、良かったです。
私を待っていて下さって、ご親切にありがとうございました。本隊の皆さんとお逢いできませんでしたが、
道を良く知った皆さんと参堂を歩けて助かりました。
山の力に助けられて、穏やかな気持ちで、ずっとではないですが法皇様の教えの慈悲心、
利他の心がけをすることが出来ました。
友達と歩く心地よい流れの中にいたので、リンカで皆さんとお話してつながることは出来ませんでしたが、
目的いかんにしても仲間に偶然出会えたことは、とても嬉しいことでした。
企画してくださった サク◇Free Tibet さんありがとうございました。

11月2日高尾山リンカレポ by 429氏

小学生の頃に何度も遠足で行ったことのある高尾山ではありましたが、ワクワクしながら参加させて戴きました。
最近テレビや雑誌で高尾山が簡単に登山できる「パワースポット」と紹介されかなり混雑しているとの話でした。。。
正直、三連休とパワースポット高尾山を舐めてました。
高尾山に向かう電車内から「なんじゃこりゃあ~」という程の混雑ぶり。
電車を降りてから改札を出るにも苦労するほどの人、人、人!
チベットリンカの皆さんは。。。と探すと目印と言わんばかりのひときわ高く掲げられたカラフルな旗を発見。
ご挨拶後しばし後着の知り合いを待つ。
駅から流れてくる人並みが時々こちらを見たり「あっチベット」とつぶやいたりと様々な反応。
よしよし、これでなくては。。。とカバンにカラフルな旗を装着、ついでに知り合いの方も到着したので出発。
さてケーブルカー待ちが1時間とのことで徒歩で登った方が早いからとしばし散開。
本当にケーブルカー1時間まったんですよ。。。トホホ。。。

高尾山01

ケーブルカーを降りて山頂に向かう山道も人だらけ。
こちらをチラ見したり「あれチベットだっけ?」と反応があるので嬉しく思っていると「なに人なんだろうね」という声がちらほら。
自分の後ろを歩いていた年配のご夫婦には「向こうの旗だしニンニクの匂いがするから中国人かと思った」と言われる始末。
あまりの人多杉ぶりに薬王院をスルーして山頂を目指す。

高尾山02

山頂もやはり人だらけで「どこに居を構えるのかな?」と見回していると主催者サクさんが木と石垣のある狭~い場所にレジャーシートを敷き木に飾りつけを始め、サクサクとチラシやパンダ本他を設置。
その仕事の早さに感心しているとふもとのケーブルカー待ちで別行動となったタンカをお持ちの方の素晴らしいタンカも飾られる。

山頂01山頂02山頂03

するとカラフルな旗やカラフルなTシャツを着た方が続々と到着。
高尾山山頂カラフルな旗だらけに。

山頂04

まったりリンカを楽しみつつ興味を持ってくれた方にパンダ本他を渡すことができて「さすが三連休&パワースポット高尾山、人多杉は伊達じゃない」とニヤニヤ。
日が傾いてきたので撤収の支度をして富士山が見える記念撮影スポットに移動、チベットや世界の平和と来日中のダライ・ラマ法王の健康をお祈りしてツァンバを撒き高尾山頂上でのリンカ終了。

下りのケーブルカーは1時間20分待ちで整理券まで配っているとのこと。
だいぶ薄暗くなってきたのでキャンドルライティング開始。

キャンドル01キャンドル02

その幻想的なキャンドルに足を止めて見て行く方や話かけてくれる方多数。
ここでも主催者サクさんや他の方がサクサクとパンダ本他を配る機動力を発揮。
本当に脱帽ものです。

キャンドルライティングも無事終了して各々徒歩で下山されたりケーブルカー待ちをしたりと流れ解散。
ケーブルカーを待つ間に飲食店外に設置されたテーブルにて中国人留学生と年配の男性のコンビと同席。
論客の方と熱~くケーブルカー待ち討論会。
ケーブルカーの終了時間が6時なのに高尾山口駅に到着したのが7時だったことで帰りの混雑ぶりもご想像下さい。

もう膝がガクガクいってますが参加できて大変良かったと思いました。

11月2日高尾山リンカレポ by タンカー氏

今日初めてリンカ参加しました。
まず高尾山口駅に着き、ホームから外を眺めると山の景色の中に高々と雪山獅子が。
夏目さんが集合の旗印に揚げて下さってたようです。

つか高尾山人大杉。ケーブルカー1時間待ちで、いったん別れて一人登山道から
歩いて登ったらはるかに先回りしてしまい小一時間オロオロ。
んで2時頃本隊到着。おもむろにチラシなど配置。
自分の仏画も無事御開帳できました。
山頂もごった返している中注目は集められたように思います。

そんなリンカ中、チベットや東トルキスタンがはためくすぐ横で中国人が延々とトランプやっててワロタ。
お前ら絶対気付いてるだろw

下山前にツァンパの素を少し撒いて、ケーブルカー駅近くの見晴らし台でキャンドル。

キャンドル


そのまま流れ解散でした。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。