スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月2日高尾山リンカレポ by タンカー氏

今日初めてリンカ参加しました。
まず高尾山口駅に着き、ホームから外を眺めると山の景色の中に高々と雪山獅子が。
夏目さんが集合の旗印に揚げて下さってたようです。

つか高尾山人大杉。ケーブルカー1時間待ちで、いったん別れて一人登山道から
歩いて登ったらはるかに先回りしてしまい小一時間オロオロ。
んで2時頃本隊到着。おもむろにチラシなど配置。
自分の仏画も無事御開帳できました。
山頂もごった返している中注目は集められたように思います。

そんなリンカ中、チベットや東トルキスタンがはためくすぐ横で中国人が延々とトランプやっててワロタ。
お前ら絶対気付いてるだろw

下山前にツァンパの素を少し撒いて、ケーブルカー駅近くの見晴らし台でキャンドル。

キャンドル


そのまま流れ解散でした。

7月6日、代々木公園リンカ 鶴33さんレポ

10時開始なのに家出たのが11時っていう。
で、リンカスレの方に遅れる旨を報告。

渋谷駅からふらふら歩いて公園到着が12時ごろ。
5/6のデモのゴールだったイベント会場では
アースガーデンなるものがフリマとかやってて賑やかな感じ。
時間に余裕があって、荷物が少なければ冷やかしたかった。

橋を渡って代々木公園。
地図があったので確認するも、
本部である「六角の休憩所」がのってない……;
私は無事まっすぐ行けたのですが、
迷子になった方も多数いらしたもよう。

広場の隅にある休憩所には15人くらい集まっていて、
近づくと知り合いが「鶴の人です」と紹介してくれた。

まぁ、鶴だし。と思って気にせずにいたのですが、
その後も合流した人には「自己紹介お願いしまーす」。
オフ会なんて普通こういうものなのかもしれないが、
名前も聞かないまま別れる方針に慣れてたんでカルチャーショック。

でもこっちは途中参加だったから
ほとんどの人の名前が分からないw

ここら辺から例の如く時系列が曖昧なので
箇条書きっぽく頑張ります。

ダライ・ラマ法王お誕生日記念リンカだったので、
中央には猊下のお写真が。
3回ぐらいハッピーバースデーを歌いました。
誕生日が同じ参加者もいたため
その方の誕生祝いも兼ねて参加した人も多かったみたいです。

私が到着して割とすぐに、笹を持った人が合流。
笹を飾りつけるついでに大きめのチベット旗×2を柱に取り付け。
隅の方に設置していた広報用の雑誌やらパンダ本やらをベンチに移動。

配布物を覚えている限り書くと、
・パンダ本(おなじみ。日本語verと英語ver)
・ほしになったこっき(通称、こっき本。まだ知名度が低いのかな)
・パンチェン・ラマに関するチラシ(B5四つ折り)
・チベット半世紀の苦難(7/2のフォーラムで配布されたもの)
・中道のアプローチ:チベット問題解決に向けての骨子(同じく)
・チベット旗うちわ(大小サイズ様々)
・8月3日 東トルキスタンデモのお知らせ
・笄公園、護国寺の地図
・ハガキサイズのチベット啓蒙チラシ
・受難と祈り チベットを知るための夏(イベント告知)
代々木リンカロボ

配布とはちと違うが、チベット旗の入った写経用紙や
七夕用の短冊なども用意されていた。
その他、チベット関連書籍や
関連記事部分に栞を挟んだ雑誌を多数設置。
これは本当にすごいと思う。コレクションの域。

それと、猊下のお写真の隣にはノートパソコン(?)があり
なにやらDVDを上映していた様子。
色々と目から鱗でした。こんな方法があるのかと。

広報活動もリンカの主目的だと思うのですが、
基本的に声をかけて来て下さるのは外国の方。
日本人はすぐ近くに座っていてもチラ見するだけで
こちらから声をかけて良いものか迷う……

結局ご近所さんには何もできなかったのですが、
一人だけ、日本人で「これは何をしてるの?」と聞いて下さった方がいました。
とりあえずパンダ本と国旗本を渡して、必死で説明している途中で公園警備登場。
旗とチラシ設置はダメだから片付けてね、とのこと。
警備さんに謝ったり主催さんを呼んだりしているうちに
いつの間にかいなくなってしまいました。
結局しっかり説明できないまま orz
本読んで興味持ってくれてたらいいなぁ……

旗×2を畳み、チラシ類はシートに移動。
笹はこの後、浴衣美人が「星に願いを」デモに持って行った。

日曜渋谷に現れた二本差しの浪人さんも登場。
居合経験者だったらしく、型を披露してくれました。
マジカッケー… と見とれていて終わるまで気付かなかったのだが、
白人のちびっこが二人吸い寄せられている。
あわててパンダ本英語verを取って返すも、逃げられた……orz

すみっこで龍笛を吹いていたお姉さんもいたのですが
声をかけてくれた四人組のアメリカ人の中に
何故か小型のリコーダーを持っている人がいて
プチ合奏になったりもしました。
そろーっと寄って行って怖々合わせてる感じの米人(男)かわいいv
リンカの様子

太陽の移動と共に日陰にずれつつ続行。
基本は雑談組と工作組(パンダ本こっき本折り鶴など)
子供連れの方もいたので、その子と遊んだり
お疲れ気味の人はちょっと離れてぼーっとしたり
水煙管を吸ってみたり(私は勇気が出なかったんですけど……)

お客様が来たときだけフリチベモードに突入するのですが、
それ以外は自由気ままに行動してました。
あ、パンダ本持って遠征に行ったグループもいました。

昼過ぎぐらいに、ネパールでチベット支援をしている女性が合流。
私はちょっと離れた所に座っていて詳しい話は聞けなかったのですが
随分長い間、今のチベットのこと、ネパールでの状況など
一方的に話すだけでなく議論もしてました。

午後も遅くなってからイリハムさんが差し入れ持って参加。
と思ったら短い演説だけして離脱。
後から聞いた話だと、体調不良だったようです。

今度、東トルキスタンの若者が何十人も処刑されるのだとか。
オリンピック成功の為に大人しくしていろという警告と
見せしめが目的であるとのこと。
8月3日のデモに、どうか協力してほしいと頭を下げて下さいました。

笹と浴衣美人と忍者もデモ終了後に再合流。
だらだらしているうちに5時になり、終了宣言。
主催さんが軽く挨拶をして
「最後になんとなく…フリーチベット!」
「フリーチベット!」で解散。

その後、片付けなどものんびりやって
全員が東屋を離れたのは6時ごろ。
ペットボトルの蓋がリサイクルできることを初めて知りました。
いままで普通にゴミにしてたよ……
食器も持参推奨で、エコも意識したリンカでした。

やっぱりmixiというのは連携には強いのだなぁ と。
「名前」がある分、オフで会ったときにも接しやすいのでしょうね。
こっちは名無しだから、自己紹介で話せることがなかったりする。
だからってmixiと距離を置くのももったいないから、
ねらとmixiで、お互いの勉強会とかやったらいいかもしれない。
今後の活動にひびを入れる前に。

・前回リンカを企画した人間としての感想
雑誌設置のアイデアはいただきますた。
今回はみんなで集まってワイワイといった感じでしたが
次はちゃんと分散したほうが良いでしょうね。
公園内を歩きまわったらあちこちでリンカに出くわすような。
で、千羽鶴は主催の近くで浮き島。
«  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。